井の中のメダカ ~熱烈純情編

井の中(いなか)のメダカ、大海を知らず
観察の難しさ
春が来ております。我が市内もやっと所々で、桜が咲き始めました。

スキー場もこのとおりです。
f0137616_21112464.jpg
うちの長女の御用達ゲレンデも、すっかり跡形無く雪解けです。
そして、この写真を撮った直後、背後で何者かの気配。
やばいです。
熊!!
f0137616_21142897.jpg
っと直前の画像に巻き戻し。
f0137616_21152462.jpg
本当はカモシカ君でした。ちなみにうちの実家の方では、クランボとも言います。

メダカの日頃の観察、結構注意深く行なっていたつもりですが、先日、その観察力のなさを痛感させられました。
だいぶ画像が悪いですが、ホワイトヒカリメダカです。いつもとおり横からのこの画像のような様子を見て「いつものとおり異常なし」と確認しました。
f0137616_2127107.jpg
(ちょっとライトの加減で、色がおかしくまた、問題の部位もこの画像からなら、よく見たら解ります。)
その後、エサをやりながら、珍しく上からじっくり観察していたところ「おーっと!異常あり!!」
f0137616_21534048.jpg
こんなに異常ありなのに見逃していました。胸鰭も発病中です。
白ゆえ、また横に盛り上がっている部位は、横からでは判りづらいです。
今後は、いろいろな角度からの観察を心掛けたいと思います。

ところで、これはなに病でしょうか?誰か教えてください。
[PR]
by jumpmat | 2007-04-16 21:51 | メダカ
<< 雪の大谷 苦手 >>


by jumpmat
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
エキサイト以外へのリンク
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧